春の西伊豆行

また半年以上たってしまった。

今年の冬は厳しく長かったが子供たちの春休みは待ってくれない。
というわけで、いつもの西伊豆旅行にでかけたのが三月末から四月初めにかけて。
いつものコース、いつもの宿なのだが、ひとつ大きな変化があった。
なんと、ロマンスカーの終点が沼津から御殿場に短縮されてしまったのだ。
これでどれくらいの収益変化があるのか定かではないが、利用客にとってはかなり
大きな打撃。西伊豆の宿にとっても大きな影響があるだろうと想像できる。

それはともかく、旅行からもう一ヶ月以上もたってしまっているので写真を。

御殿場止まりの困難の次に待っていたのは強風による、船の戸田止まりだった。
しばらくバスを待つことに。

DSC05161.JPG

西伊豆の名物(だと思う)のつるし雛。この季節はあちこちの店でそれぞれ趣向を
凝らした雛をつるしている。

DSC05775.JPG

土肥の花時計にある大島桜。今年も出会うことができた。
この桜は毎年早めに咲くのと花季が長いので、気候が悪い時でも会うことができる。

DSC05175.JPG

定宿のかねうに。いつもながらのおもてなし。

DSC05198.JPG

夕食もいつもどおり素晴らしかった。
今回は「とんとんめ」が食べられなかったのが残念。
やはり気候の関係でまだとれなかったとのこと。来年に期待。

DSC05201.JPG

最後に出していただいた鯛の兜煮。うまかったー。

DSC05212.JPG

二日目はこれも定宿のしんしまに。毎年まったく同じスケジュール。
この日は春の嵐で大荒天。移動意外には何もできなかった。

DSC05264.JPG

三日目は晴れた。が、風が強いのを押してこれもまたいつもどおりの
大沢温泉に花見を。

DSC05355.JPG

桜は素晴らしいタイミング。散り際ではないが、ほぼ満開。
いつものヤギに会うことはできなかったが。

DSC05468.JPG

名残惜しいながらも、花見から去る図。

DSC05456.JPG

これまた毎年の同じバスで松崎から下田に向かい、小川屋へ。

DSC05532.JPG

鰻の漆器には銘が入っていた。今回はじめて撮影。

DSC05538.JPG

帰りは踊り子号で川崎経由にて帰路。
なかなかベストなタイミングで桜に出会うことはできないなか、まずまずの
旅行ではあったと思う。家族に感謝。

DSC05585.JPG

Popularity: 61% [?]

コメントをどうぞ