2008 年 12 月のアーカイブ

SIGMAとライツ

0 個のコメント

先日アップしたエントリーでは画像リンクがおかしなことになってしまっていたので
以下に、アップロードし直してみる。
以前のエントリーでも少し触れた、SIGMA 28-70mm/3.5-4.5 UC ZOOMである。
ライツ・エルマリートと同じ光学系だという噂のレンズ。しかし、大変お安い。
今回はこのレンズのみをα700と持ち出して背水の陣を敷いてみた。
やはり広角端の切れが良いレンズな気がする。あがって来た絵を選んだ結果、
28mmで撮影した絵だけが残った。
今回気がついたのだが、このレンズ個体はかなり問題ありである。
もともとマウント部分がプラスチックで弱いのだが、バヨネットの一部が
摩耗して欠けつつある。レンズをマウントする時のフリクションのためのばねっけが
あるのだが、それに負けてマウントから少し浮いていたりする。
だめだわ、こりゃ…コプラナリティは当然ぼろぼろだろう。
まあ、それでも写るので以下、上げてみる。

地元の郷土の森博物館の、屋根。


SIGMA 28-70mm/3.5-4.5@28mm/F3.5
========

ここに移設された、昔の郵便局の面影。


SIGMA 28-70mm/3.5-4.5@28mm/F7.1
========

ユーミンも歌った、ビール工場。をい、キャリアにAsahiの文字があるぞ。
いまどきはそういうもんかいな。



SIGMA 28-70mm/3.5-4.5@28mm/F10.0
========

Popularity: 23% [?]

Tags: , , ,

晩秋〜初冬

0 個のコメント

何度やってもectoから記事をアップデートできなくなってしまったので別のブログエディタを
試してみることにした。国産製のフリーウエア、「kaku」である。
まだリッチテキストエディタの機能は無いのだが、そもそも私には不要。
ちゃんと画像をサムネイル付きでアップしてくれさえすればそれで良い。
…と思ったがサムネイルの生成機能はまだ無いようだ。まあいいか。ポストできないよりはましだ。
というわけでテストを兼ねてポストしてみる。

それにしても、冬至なのに生暖かい風が吹いておかしな気候であったが、ご当地郷土の森ではすでに
ろうばいが咲き始めていた。予めわかっていればSTFを持ち出したかもしれないが常用のAF100/2にて。


AF100/2@F2.8
========

落ち葉と椿の花を。この季節の夕方(と言っても4時頃なのだが)の光線は魅惑的だ。


AF100/2@F2.8
========

…と、このエントリーをあげてみてなんとなく冒頭の原因がわかった気がする。ブログエディタの問題では
なく、サーバ側の問題のように思える。どうも、xrea.comは大きなファイルのアップロードに失敗するのでは
ないかと思われる。上のふたつの写真は2〜3M byte程度なのだが、6〜7M byteくらいの写真を含んだ
エントリーをポストするとどちらのアプリケーションでもpublishに失敗することがわかった。
うーみゅ、だめじゃん、xrea.com。さすがに安いだけのことはあると言うべきか。
また新しいサーバファームを探さなくちゃだめなのかなぁ…

Popularity: 25% [?]

Tags: , , ,

テスト

0 個のコメント

突然ectoからのアップロードがうまく行かなくなったのでテストポストです。

Popularity: 10% [?]

府中郷土の森

2 個のコメント

先月、二番目の子供が生まれた関係でなかなか撮影もままならず、こちらの更新も
おろそかになりがち。あまり良い写真は撮れていないのだが、このブログを見ていて
くださっている方から「最近全然更新してないわねぇ」と突っ込みをいただいたのを
きっかけに上げてみる。

このブログにも何回も出ている地元の「府中郷土の森」に上の子供を連れてでかけた
ときのスナップである。脈絡がないことはご容赦。
実はこの日は、ライカ・エルマリートと同じ光学系と言われているSIGMA 28-70も
持っていってそれなりの枚数を撮影したのだが結局気に入ったショットはなかった。
直感的には広角側の切れがよさそうな気がするのだが作例をあげるまでにはいたらず。
というわけで、以下、気がついたら全ておなじみのAF100/2の絵なのだ。

うーみゅ… やはりこのレンズとの相性があまりに良いのか。好みなのだろう。
このレンズはもう手放せない。もう一本確保しておくべきか。

一枚目はこの公園の入り口にある博物館/展示館のステンドグラス。
こういうモノリシックな壁にステンドグラスを入れるというセンスは素晴らしい
気がした。静寂の中の「動」のように感じる。

外は秋晴れでよく晴れていた。


DSC07965.JPG

AF100/2@F2.8
================

昔の小学校が敷地内に移設されている。
壁は修復されているが、中の木の床は元のものをつかっているらしい。
床はきれいに磨き上げられいて自分の小学校時代のお掃除の時間を思い出す。
私の小学校は新興住宅地に新しくできた学校で、床は油っけのまったく無い
木のタイル状のものだった。それを毎日掃除の時間にぞうきんでワックスをかけ、
不要になった「パンスト」で磨き上げるというのをやっていたのだなぁ。
今となっては懐かしいが、その当時は意味不明ながらももっといいやりかたが
あるのでは?などと考えていたおしゃまな子供であった。  

しかし、いい青空だなぁ…

  
DSC07995.JPG

AF100/2@F2.8
================

どういうわけか、この子は最近どこを歩いていても飛び跳ねたがる。
そんなに飛ぶのが好きなら宇宙飛行士になってくれればいいのだが。


DSC07993.JPG

AF100/2@F2.8
================

移設された小学校の二階に上がる階段にかかる電灯を撮ってみた。
こういうクラシックな感じのオブジェは好きだ。

DSC08001.JPG

AF100/2@F2.8
================

入り口には由緒ありそうなオルガンが鎮座している。

DSC07997.JPG

AF100/2@F2.8
================

Popularity: 20% [?]

Tags: , ,