Magnat Vintage450

先週予告した、「新しいスピーカー」である。
元々、Vintage120 を愛用してきてその音が気に入ってQuantum605を
試聴なしで輸入したのだが、長く聴くにつれてどうも方向性が違う
ような気が強くなってきた。
どうも、このシリーズは A/V にフォーカスしているように思える。

そんな折、オークションで 120 と同じ Vintage シリーズの上位機種 450 が
出た。これ以上 Magnat のスピーカーを増やすの?と躊躇もしたが、なかなか
出てこないものなので一度は聴いてみるべし、と悩んだ末に落札。
我が家にやってきた。

120 と同様に、M506-R のバイアンプ接続で聴いてみる。
さすが同じシリーズ、音の傾向は似ていて好みだ。120 と比較すると…
* 音場は広い
* 低音に余裕を感じる。無理なく、キレの良い低音。
* ボーカルは 120 よりも乾いた感じ。好みは 120 の方。
* ボーカルの押し出しは 120 の方が強い。
が、120 では苦手だったクラシック系もうまくこなしてくれそう。

問題がひとつあって、背が高い。
リスニングルームの斜め屋根側に収まらない。うーむ、困った。


DSC09737.JPG

Popularity: 29% [?]

Tags:

コメント/トラックバック 1 件 to “Magnat Vintage450”

  1. kuro Says:

    私もmagnatのファンです。家のホームシアターはmagnatで構成しています。

    ただ、センタースピーカーだけ他社品(B&W)なので同社のセンターを探しているのですが
    なかなか手に入らなくて・・・

    どんなセンターを使われていますか?

コメントをどうぞ