EOS-30D+Distagon35mm/1.4

今日も昼頃から良い天気になってきたので外に撮影にでかけることにした。
昨日は30Dでかなりストレスをためこんだので、今日はα700もお供に持っていくことにした。
この関係で機材はカメラ用リュックサック一杯になってしまった。
持ち出した機材はEOS-30D, Distagon35/1.4, Nikkor135/2, Sonnar135/2.8, α700, AF100/2, STF。
三脚は持ち出さなかったが重量は優に5kgは超えているだろう。
これを徒歩で運ぶのはつらい。またもや我が家の機動力、子供乗せ自転車の登場である。
(走行中はリュックは背負って運搬していますので安心してください>師匠)

というわけで自転車で行ける距離の行き先を考え、京王多摩川のアンジェに決めた。
ここはその昔は京王百花園という名前で、小石川と並ぶ花菖蒲中心の鬱蒼とした
湿式花園だったのだが今風のおしゃれな西洋花園に変わってしまった。
そういえば、菖蒲の季節には一般に俳句をその場で募集していたりもした。
20年くらい前に詠める「紫雲に鷺舞い降りぬ菖蒲畑」だったかな、わはは。

昔の方が趣があったなぁ…
アンジェになると同時に花菖蒲が一本も無くなってしまったのはショックだった。
あの大量の苗は今どこに??

久しぶりに行ったのだが、行くたびに思うのはやはり神代植物公園とは規模がまったく
違うので花の数が少ない。これで同じ500円の入場料金とはいかがなものか。

能書きはこれくらいで作例である。

とりあえず、今回のエントリーはDistagon35/1.4のものを。
Minolta AF35/1.4も良いレンズだが、このレンズはやはりすごいレンズだと思う。
良いファインダーが欲しくなる。EOS-30DでMFするのは私にとってはかなり苦行である。

昨日のお約束の通り、花以外のものを3例。

我が家の機動力、子供乗せ自転車。
立体感のある描写とサドルの質感あたりはさすが。
開放なのでフレアっぽくなるところはあるのだが、なんというかそのフレアさがいかにも上品なのだ。
デジタル時代になって(なる前からそうだが)スペック至上主義の昨今であるが、こういう質の差が次の
10年に要求されるのではないかと思ってしまう。
(サムネイルではいまいちわからないので大きくしてみてくださいね。)


IMG_3184.JPG

EOS-30D+Distagon35/1.4@F1.4
========

次は近所の高安寺の石仏である。
メインの対象だけではなく、手前の雑草も、左側の石柱もいーい具合の表現になっている。

IMG_3148.JPG

EOD-30D+Distagon35/1.4@F1.4 露出補正-0.7
========

次は府中郷土の森の茶室のついたてを。
木肌の表現が深みがあってなかなか良い味わい。

IMG_3197.JPG

EOS-30D+Distagon35/1.4@F2 露出補正-1.0
========

次は今日のメインの目的地アンジェの花を3例。いずれもD35/1.4。

この花は昨日Nikkor135/2でも撮影したが(花の個体は別)、やはり描写が違う気がする。
よく言われるように、Zeissの方が油絵に近い、色の粘り強さを感じる。
ただの気のせいなのかもしれないが。

IMG_3206.JPG

EOS-30D+Distagon35/1.4@F2 露出補正-1.7
========

アンジェに花菖蒲は無いが黄菖蒲はあちこちにある。


IMG_3155.JPG

EOS-30D+Distagon35/1.4@F2 露出補正-0.7
========

これはなんと言う花なのか、ねぎぼうずのような。レンガの背景のぼけ描写がいいなぁ。


IMG_3170.JPG

EOS-30D+Distagon35/1.4@F1.4 露出補正-0.7
========

Popularity: 26% [?]

Tags: , , ,

コメントをどうぞ