タグ ‘郷土の森’ の記事

Elmarit-R 135/2.8 + α700

0 個のコメント

そういえばこのレンズの写真をこちらには上げていなかったことに気づく。
ので、一ヶ月以上前の古い写真だ。
Leica Elmarit-R 135/2.8 を入手したので、αマウントに改造。
改造とは言っても、Leica-R とαマウントはフランジバックで 2.5mm の差、
さらに、ネジ位置が微妙に合う。このため、可逆改造が可能。気楽に行ける。
昔にストックしておいたジャンクなαレンズから取り出したマウント部の
円周内側のでっぱりをやすりで削り落とし、マウント部を交換するだけ。
さらに好都合なことに、このαマウント部はちょうど 2.5mm のはかまがある。
ただし、これを使うと絞りが固定になる。ということで、開放 2.8 の状態で
ネジ止めすることに。
今回はボディはα700なので、35mm換算で言うと 200mm くらいの画角だ。

試写のためにいつもの郷土の森にでかける。
入り口の椅子を。質のよいフレアだ。

DSC02377.JPG

お茶会が開かれていて、着物の女性が。
優しく質感が出ていると思う。

DSC02411.JPG

少し高いコントラストの被写体を。
不思議とレトロな感じがする。

DSC02418.JPG

日陰のたんぽぽを。
ぼけの溶け込み方ももまずまず良い。

DSC02429.JPG

赤の出方を見たくてこれを。自然な赤だ。
これに限らないが、このレンズ、見た目と同じ色を出してくれる印象。
新緑の緑、花の紫なども、見た目と近い発色をしてくれる気がする。

DSC02444.JPG

何気な古い建物の窓枠を。

DSC02447.JPG

茅葺屋根。等倍で見てもかなり解像しているが、それ以上にうまくまとまった
絵になっている。

DSC02459.JPG

全体的な印象としては、「見たままが撮れる」かなぁ。
ちゃんとベンチマークしなければ検証できないが、それは趣味としては
つまらない。長い時間をかけてやっていこう。

Popularity: 87% [?]

Tags: , , , , ,

AF100/2

0 個のコメント

同日、MINOLTA AF100/2 も持っていたので後半の30分ほどはこの慣れ親しんだ
レンズにて。やはり長めの玉のほうが使いやすい。性にあっている。

実に形のよい紅梅がある。

DSC08400.JPG

藁葺の門を内側から。

DSC08402.JPG

誰でも遊べるように竹馬が置いてある。いーい光線具合だった。

DSC08417.JPG

帰り道にはハナニラが咲いていた。

DSC08418.JPG

Popularity: 69% [?]

Tags: , , , , ,

春近し

0 個のコメント

地球の公転が止まらない限り季節はめぐる。

今年の冬は暖かいような寒いような、微妙な具合だが、一時的にでも
寒さが続いたので桜には期待している。しかし、不思議な話だ。
実は、桜のつぼみは落花後すぐの夏にできるのだ。冬の寒さが花付きに
影響するように思えるのは実はもっと遠因があるのかもしれない。

そう、「梅は咲いたか、桜はまだかいな。」というわけで梅。
今年は全国的に1週間くらい遅咲きの傾向だ。
当地郷土の森でも梅まつりの会期を2週間延期した。
花を長く愛でることができるのはいいことだ。

紅白の梅をSTFで。
やはり、STFはこういう場面での背景処理がうまい。

DSC06142.JPG


DSC06123.JPG

この人形は妙な魅力があるのだが、去年は巡り会うことができなかった。
どうも毎年出てくるわけではなさそう。
前回はZeiss Planar50mm/1.4改+α700で撮影したが、
今回はSTFとAF100mm/F2 + α900で。
撮影日は曇天だったのでAF100mm/F2の方は仕上げVividにしてみたが
少々赤がけばいかもしれない。P50の方がしっとりとしていた。
しかし、趣のある人形だ。いつ動き出しても不思議ではないリアリティがある。

DSC06014.JPG


DSC06185.JPG

Popularity: 41% [?]

Tags: , , , , ,