タグ ‘Leica’ の記事

スウェーデン出張

0 個のコメント

サーバベンダーから更新の通知メールをもらって、そうだ、blog があったと。
なんと4年ぶりの更新。
今回はなぜか社命を受けてスウェーデン、イエテボリ(Gothenberg)に出張。
冬は厳冬で雪に閉ざされるらしいが、この時期はとても良い気候。
5日間の滞在で半分は雨模様だったが、その湿気がむしろありがたい。
この国の人達がこの季節に二ヶ月近い夏休みをとって家族と親しむ理由がよくわかった。
なにものにも代えがたいシーズンなのだ。

今回は、Leica Elmarit-R 35/2.8 をお供に。カメラは NEX-5。
====


DSC04225.JPG

Gothenberg はスウェーデン第二の町とのことで、その中でも
Nordstan という町に滞在したが、ここは大きな鉄道の駅があり、日本で言えば
道頓堀みたいなものか?(むりくり)
ホテルの隣には大きなショッピングモールがあったが中身は大したことがない。
ちょっと離れたところに「Tesla」の文字が。
なんと、50% off をやっているのかと錯覚したが、これは隣の Benetton の
セールだったようだ。残念。
====


DSC04228.JPG

が、臆せずTeslaのショールームに入ってみる。
日本とは違って、あれこれ声をかけてこないところがいい。
今ネガキャンで有名な Model-S だ。
====


DSC04239.JPG

乗り込んでみる。
どうやってドアを開ければ良いのかわからなかったが、ドアノブにタッチすると
通常のドアノブがせりだしてくるという仕掛け。
中に乗り込んでみると全体的な操作感はいかにもIT。
コンソールは 13 inch くらい(?)のタッチパネル液晶。
なぜか Susan Boyle が。やはりアメ車だからなのか?
せめてビョークとかにしてほしかったが、音響的には素晴らしい。
変な強調感などなく、とても素直な音。いいな。
====


DSC04242.JPG

町をぶらつく。アウトドアショップを発見。
北欧のアウトドアショップはいいなぁ。なんとPRIMUSの大きな棚が。
まるごと買って帰りたい誘惑を断ち切りながら次に。
====


DSC04186.JPG


DSC04191.JPG

Nordstan は港町だ。
いーい感じの被写体が。
====


DSC04199.JPG


DSC04209.JPG

教会と石畳。
====

Popularity: 34% [?]

Tags: , ,

Elmarit-R 135/2.8 + α700

0 個のコメント

そういえばこのレンズの写真をこちらには上げていなかったことに気づく。
ので、一ヶ月以上前の古い写真だ。
Leica Elmarit-R 135/2.8 を入手したので、αマウントに改造。
改造とは言っても、Leica-R とαマウントはフランジバックで 2.5mm の差、
さらに、ネジ位置が微妙に合う。このため、可逆改造が可能。気楽に行ける。
昔にストックしておいたジャンクなαレンズから取り出したマウント部の
円周内側のでっぱりをやすりで削り落とし、マウント部を交換するだけ。
さらに好都合なことに、このαマウント部はちょうど 2.5mm のはかまがある。
ただし、これを使うと絞りが固定になる。ということで、開放 2.8 の状態で
ネジ止めすることに。
今回はボディはα700なので、35mm換算で言うと 200mm くらいの画角だ。

試写のためにいつもの郷土の森にでかける。
入り口の椅子を。質のよいフレアだ。

DSC02377.JPG

お茶会が開かれていて、着物の女性が。
優しく質感が出ていると思う。

DSC02411.JPG

少し高いコントラストの被写体を。
不思議とレトロな感じがする。

DSC02418.JPG

日陰のたんぽぽを。
ぼけの溶け込み方ももまずまず良い。

DSC02429.JPG

赤の出方を見たくてこれを。自然な赤だ。
これに限らないが、このレンズ、見た目と同じ色を出してくれる印象。
新緑の緑、花の紫なども、見た目と近い発色をしてくれる気がする。

DSC02444.JPG

何気な古い建物の窓枠を。

DSC02447.JPG

茅葺屋根。等倍で見てもかなり解像しているが、それ以上にうまくまとまった
絵になっている。

DSC02459.JPG

全体的な印象としては、「見たままが撮れる」かなぁ。
ちゃんとベンチマークしなければ検証できないが、それは趣味としては
つまらない。長い時間をかけてやっていこう。

Popularity: 86% [?]

Tags: , , , , ,